ヤンサンファミリー@東海

ニコ動画『山田玲司のヤングサンデー』を応援する、東海地方のファンによる番組公認グループです

ぼくらの夏休み企画第1弾!和凧づくり&ビアガーデンオフ

みなさん、こんにちは!凧揚げ部部長のmihoです。来る、7月20日(土)に第4回凧揚げ部活動にてついに和凧製作をスタートします。 まずは、絵付けから始めるのですが、なにせ素人集団ですので、どうなることやハラハラワクワクです。そして和凧製作の後は場所を移してみんなでビアガーデン! 大人になっても夏休み気分を満喫したい方、東海ファミリーと一緒に遊んでみたいな、と思われた方は、是非ツイッターDMにて受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

ヤンサンファミリー@東海 (@ys_tokai83) | Twitter

受付期限:7月10日(水)迄 

 

▼概要

開催日時:2019年7月20日(土) 

第1部 9:00~17:00 和凧製作(主に絵付)

会場:愛知県長久手市内の工作室

 ※会費は、会場使用料を参加者にて折半となりますので後日ご案内となります(そんなに高くない会場ですのでご安心ください)

 

第2部 19:00~21:00 ビアガーデンオフ

会場:名古屋駅近くビアガーデン

会費:3900円/1人

 

※1部、2部のみの参加可、途中参加、途中退も可ですが会費は変わりません

※当日の無断キャンセルはくれぐれもご遠慮ください

f:id:ys-tokai83_blog:20190606163031j:plain

 

 

 

 

凧揚げ部活動記録#3~初めての共同作業-偶然会った凧ガチ勢と大凧達~

4月7日(日)晴 東の風7m 記録員:イハタ


凧揚げ部3回目の部会を静岡県浜松市中田島砂丘で行いました。
東海にも砂丘があるんですねー。全然知りませんでした。

今回の参加者は5人です。
二台の車(男女一台ずつ)で相乗りして行きます。
私の車では男3人が乗り向かいます。
ヤンサンを流しながら。ワイワイ話しながら。
名古屋からでも意外と近いです。1時間半程度でしょうか。

砂丘に着くと、なんと目に前には砂丘が広がっています。
何を言っているのかと思うかもしれませんが、私が思っていた以上に砂丘だったのです。
浜松なめてた。

道路から階段を登ると、200mほど先に高さ20~30mで幅6~700mの丘がでーんとありました。
そこまでも幅40mほど砂漠の様な砂が道を作っています。
道を右に外れた所ではハッピを着た20人ほどの人達が2グループ集まっていました。
空を見上げると左の遥か上空に凧があります。
大凧です。3m四方ぐらいあるかな。上空何メートルなんだろう。
大凧ともなると糸ではありません。縄です。
かなりの重さになると思いますが、自重プラスそれをあげる大凧の浮力スゲェ。

女性陣は先に砂丘へ着いていました。
丘を越えて海へ。
丘ヤバイ。すごく足取られる。
一歩進んで半歩さがる。時には一歩進んで一歩半さがる。
なんだ?人生か?

丘を越えた先には息吹く地球がありました。
太平洋から吹き上げる風が頬を力強く撫でます。
久しぶりに地球と顔を合わせた気がしました。

波打ち際で太平洋をのぞみます。
この気持ちはなんだろう、覚えがある。
自然と記憶をさかのぼります。
太平洋からは青春がうちあがって、浜に吸い込まれるのだろうか。

そんなこんなで、凧揚げです。
結論から言うと、凧揚げムリでした。
風強すぎワロタ。
部長の凧ですら、制御不能で墜落です。
そりゃ無理ってもんよ。
リョウヤさんの手作り凧は一瞬で粉砕しました。

私は調子に乗って磯釣り用の竿とリールを持参したのですが、キツかった。
クジラが暴れる、力が強くて糸巻けない。
ただ一つ分かったことは、風の強さがそこそこなら釣竿でも凧揚げは出来る。

短時間で結構疲れたので、早々に帰ります。
静岡といえば、みんな大好き「さわやか」でハンバーグを食べて帰りましょう。


ここまでが前半


帰りに人生の丘を越えて歩いていると
「おねえさん、凧、揚げない?」と声が。
ハッピの人達です。
部長に言ったようでした。
「え~」とか言いながら、スッと声の方へ行く部長。なめらかな動作です。
元々、大凧のことが気になっていた様子。
ノリノリでハッピ着てました。

あれよあれよと部員達も巻き込まれます。
地元でお囃子をやっていた時以来の懐かしき田舎ノリです。
ここはまだ昭和から平成初期の風が吹いています。
途中で分かったのですが、凧を降ろす最中でした。
揚げてないじゃん。

ハッピを着た地元の人たちの中堅と若手がさせられていた作業を何故か凧揚げ部員だけで行う事態になりました。
体験っていうか、てい良く働かされてるだけでは?
皮のグローブをはめます。
みんなで文字通り、力を合わせての共同作業です。
何気に初めてですね。
話を聞くと、祭りの練習で凧を揚げていたそうです。
浜松まつり」という祭りだそうですよ。
話によれば、各町に凧があるそうで端午の節句に合わせて長男の誕生を祝う祭りだそうです。
子供が生まれた人が一人で揚げることもあるそうです。

200近くの町が大凧と持っていて揚げるのだそう。
へぇー。すごっ!多いな。
と話しを聞いてる最中も作業は進めています。

一番凧側で縄を引いているリョウヤさんは死にそうになっていました。
凧側が一番きついのです。
つみれさんはリタイアして、横に避難しています。
私もそこに行きたい。

リョウヤさんと交代して先頭になります。
依然、凧は遥か上空にあります。下がってきている気がしません。
私は凧の縄を下げることに集中し、みんなに縄を引っ張てもらいます。
無心、そして無言。もうちょっと掛け声があってもよかったかもしれませんが、我々は基本インドアなのです。
体力がつきかけてました。その後先頭を地元の若者と変わってもらい、凧を引き下げました。
最後の最後は、凧の糸が絡まないように中堅の人が作業していました。かっこよかったですよ。
さっきまで、あんなにお調子者な感じだったのに…田舎あるある。

記念撮影をして、乾杯です。ビールとお茶をもらいました。
酒ならあるそうです。色々と話をしてお暇しました。
祭りはやはり、地域のコミュニケーションツールとして必要なんだろーなー。

くたくたになり、靴の中の砂を出し、車でみんな大好きハンバーグの「さわやか」へ行きます。
部長はこの大凧との邂逅に運命を感じていたようでした。

さわやかで5人共、同じハンバーグ(200g)を頼みます。そして無言で食べます。
ハンバーグ美味しかった。ステーキの様な肉肉しさを損なうことはなく、それでいて油のしつこさは無い。
ただのハンバーグではない。これは、ステーキとハンバーグのいいとこ取りを見事に成し遂げたと言っていいだろう。

食べた後は、沈む夕日を見に砂丘に戻りました。
丘を登り海岸へ。
青春ふたたび。オレンジ色のグラデーションがついた空に、ちょっぴり冷たい風が吹いています。
この瞬間を捉えようと、みんなで写真を撮りまくっていました。
そして奇跡の様な一枚が撮れます。
アルバムジャケットの様な一枚。
リリース予定はありません笑
しみちゃん放送の大喜利に提供してもいいぐらい。

砂丘にライブペインティングをして、いい感じになって帰りました。
(ライブペインティングはそれほど大きなものではありませんし、砂丘に注意書きも無かったので大丈夫でしょう。)

 

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002231j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002324j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002554j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002609j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002631j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002653j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002658j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002709j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002715j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002723j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002737j:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190522002742j:plain



 

令和第1弾!東海ファミリー結成1周年祝賀会オフのお知らせ

みなさん、こんにちは! 来る、5月25日(土)に令和第1弾となる「東海ファミリー結成1周年祝賀会オフ」を開催します(本放送日に被ってしまい申し訳ありません) 昨年5月に結成された我々東海ファミリーは、この1年、本放送へのプレゼン出演を経て、さまざまなオフ会や「UMA水族館VR」・「東海ヤンサン放送室」・「凧揚げ部」など活動を進めてきました。思えばみんなでワイワイ楽しんでいたら1年なんてアッという間に過ぎてしまった感はあるものの、やっぱり色々あったなぁ~と。

ただ振り返ってみても一番面白いのは今! なので一番面白いオフ会となるこの日に東海ファミリーと一緒にご機嫌なひとときを過ごしてみたいという方は是非ご参加ください!

また祝賀会の前には、現在活動中及び今後の新たな企画の為のミーティングも同日開催します。盛りだくさんの1日となりますので、ご興味のある方はツイッターDMにてご連絡をお待ちしております!

 

ヤンサンファミリー@東海 (@ys_tokai83) | Twitter

 受付期限:5月15日(水)迄  

 

▼概要

開催日時:2019年5月25日(土)

 

第1部 15:00~18:00 ミーティングオフ

会場:名古屋駅近く貸会議室 

会費:400円/1人(会議室レンタル代)

 

第2部 18:30~21:00 結成1周年祝賀会オフ

会場:名古屋駅近く居酒屋

会費:3500円/1人

※1部、2部のみの参加可、途中参加、途中退も可ですが会費は変わりません

※当日の無断キャンセルはくれぐれもご遠慮ください

 

凧揚げ部活動記録#2〜クジラと散歩した日〜

3月17日(日) 曇り時々雨 西の風1m 記録員:イハタ


国営木曽三川公園で2回目の部会を行いました。
この公園は、今回初参加のファミリー“なかがわ” さんが教えてくださったオススメ凧揚げポイントです。
初参加の方は他にkazuさんと、やぶさんがみえました。
天気はビミョーな感じです。
集合時間まで雨が降っていました。
幸いにも凧揚げをする頃には雨は止んでくれました😄が、 あまり風はありません😭


インスタ映えしそうな“ツインアーチ138” の近くで凧揚げをします。
前回の公園より広いサッカーコート2面ほどの河川敷を凧揚げ部が 占拠しました。
その時の主な話題は「しみたんヌーボー」について。


「しみたんヌーボー」最高!、しみちゃん恐るべし、秀逸!、 デーモンw可愛い、しみちゃんのアップw、 レイジ先生のアドバイスいいな〜、声エロい


などの感想を言い合いました。


いざ凧揚げの開始です。黙々と準備をする部員達。
しかし前回の様に凧が揚がることはありません。
なんせ風が無い。


凧を揚げるために走る部員たち。
すぐに走るのをやめて休憩します。
なんせ体力が無い。
悲しい事に私たちはインドアなのです。


そんな中、 部長となかがわさんは比較的安定して凧を揚げています。
ゲイラカイトはやっぱり凄い。


私は、その時走る事を決意しました。
みんなに背を向け遠くへ行き風に向かって走ります。
何とか飛ぶクジラ、止まると落ちてしまいます。
走りながら後ろを向くと、そこにはクジラがいます。
私は思いました。
「今、俺は凧揚げをしているのではない、 クジラを散歩させているのだ。」
そう思うと、ちょっと楽しくなってきました。


天気が良くなり、気温が上がります。
みんな凧を揚げるのをやめ、空を見上げ会話をします。
いわゆる「風待ち」です。
(ウソです。適当に言いました。)
少し風が吹くと、みんな凧を揚げ始めます。
客観的に見るとちょっと面白いです。


途中から、家族連れが私たちと同じく凧揚げを始めました。
しかし経験が無いのか、凧が悪いのか、凧が揚がりません。
子供も走ったりしていますが揚がりません。


その時、その横では部長が約100M凧を揚げていました。
糸が足りなくなるほどです。
凄い! 色々!


途中で、やぶさんも合流します。
私と同じクジラの青色の物でした。
シンクロニシティw


私が調子に乗って走っていると凧が木に引っかかってしまいました 。
するとなんという事でしょう。
ファミリーがすかさず寄ってきて凧の救出を手伝ってくれます。
何なら私より真剣です。
凄い!ファミリーはやっぱり素晴らしい方々だと再認識しました。
皆さんのご協力で凧を救出できました。
本当にありがとうございました。


雨が降ってきたので撤退します。
風が強くなってきました。
そして、片付けが終わる頃雨がやみました。
風は、まだ吹いています。


いまさら…


公園の休憩スペースへ行き、なんだかんだ話して解散しました。

 

 

f:id:ys-tokai83_blog:20190408231505j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190408231450j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190408231457j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190408231517j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190408231444j:image

 

【お知らせ】

ヤンサン有志企画室の「プロトタイプPV」をYouTubeにて公開しました。

東海メンバーのサムズアッパーさんとヒロにぃさんが中心になり、作ってくださいました。

素晴らしいPVです!

是非ご覧ください。

YouTube https://youtu.be/Vjy-qd-CcsA

f:id:ys-tokai83_blog:20190408232607p:image

 

『BARシンサカエ・スペシャル!!』

4/14(日曜)at新栄TRIM

初の日曜日開催!

主催ジム企画の"ネオ・シンサカエ コンピCD リリースパーティー"と連動したイベントとなります!

BARシンサカエ終了後、

そのまま隣会場DAYTRIVEにて

『シンサカエ"3"アタック!!!』

もお楽しみ頂けますよ🎸⚡

 

リョウヤさんDJで出演します。

 

f:id:ys-tokai83_blog:20190408232351j:image

f:id:ys-tokai83_blog:20190408232358j:image

 

 

『東海ヤンサン放送室』も何卒お願いします。

自分で言うのも何ですが、結構面白い放送が出来ているのではないかと思ってます。

多分、おおのさんもリョウヤさんも思ってます笑

 

YouTubeチャンネル↓

https://www.youtube.com/channel/UCssPli572o4cLOdkXDI4LXA

f:id:ys-tokai83_blog:20190408233400j:image

 

第3回凧揚げ部活動のお知らせ

みなさん、こんにちは! 

凧揚げ部部長のmihoです。 

来る、4月7日(日)第3回凧揚げ部活動実施いたします。 

今回の場所は、なんと砂丘! 日本三大砂丘と呼ばれる浜松市中田島砂丘にて開催します。海と砂丘が広がる空のもと東海ファミリーと一緒に凧揚げを楽しんでみませんか?見学だけでも大歓迎! ご興味のある方はツイッターDMにて受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

ヤンサンファミリー@東海 (@ys_tokai83) | Twitter

受付期限:3月31日(日)迄  

▼概要

開催日時:2019年4月7日(日) 現地12:30頃から開始予定  ※雨天中止となります

集合場所:現地もしくは、東海ファミリー名古屋チームと一緒に車に乗り合わせ

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000183468/

f:id:ys-tokai83_blog:20190319153213p:plain

f:id:ys-tokai83_blog:20190319153258p:plain

 

【日程変更】第2回凧揚げ部 部活動のお知らせ

みなさん、こんにちは! 凧揚げ部部長のmihoです。 

来る、3月10日(日) 3月17日(日)第2回凧揚げ部 部活動を実施いたします。

今回の場所は、愛知県一宮市にある「国営木曽三川公園」です。

木曽川南派川の河川敷に広がる広大な広場で東海ファミリーと一緒に凧揚げを楽しんでみませんか? 見学だけでも大歓迎! 

ご興味のある方はツイッターDMにて受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

ヤンサンファミリー@東海 (@ys_tokai83) | Twitter

受付期限:3月16日(土)迄 

 

▼概要

開催日時:2019年 3月10日(日) ※雨天のため17日に変更

          3月17日(日) 13:15集合  

集合場所:国営木曽三川公園138タワーパーク

ご案内 - 138タワーパーク | 国営木曽三川公園

凧揚げ部活動記録〜はじめての部会〜

2月17日(日) 快晴 北西の風5m  記録員:イハタ

 

本日、凧揚げ部部会を名古屋市内の庄内緑地公園で行う。

快晴で風もあり、絶好の凧揚げ日和である。

凧揚げ部はmiho氏が設立し、部長に就任した。

部長の志しに賛同した6人の同士が集結する。

 

各人思い思いの凧を用意している。

部長はスタンダードなカイト凧である。

サムズ氏はカイト凧であるが、仮面ライダージオウがプリントされている。

この人はやはりブレない。

もう一つ100均凧を持参。

ひろゆき氏は、タコ型の凧を。

つみれ氏は、緑の可愛い凧を。

おおの氏は、バズ・ライトイヤーがプリントされている凧を。しかし飛ばす準備をしている最中に破損し、飛行不可能になる。

バズ・ライトイヤーはやはり空を飛べなかった。

さぞ無念であろう。

私、イハタはクジラの凧を持参した。

 

準備をしていて気づいたが、最新の凧は凄く飛ばしやすい。小学生の頃の苦労は何だったのか。

 

クジラ凧は飛びやすいが操作が難しい。

各人が凧の操作に苦労している中、部長は凧を安定させ、およそ50mの高さで飛ばしていた。

流石部長と言うべきか、我々下っ端とは格が違う。

 

ある程度時間がたったところで、各人の凧を交換する。ここで気付いたが、凧を揚げている最中はお互いの距離が離れているため、意外と話せない。

クジラ凧をサムズ氏に渡し、ひろゆき氏の元へ向かう。

ひろゆき氏は先程からタコ型凧を揚げるのに苦労している。タコの凧とシャレを効かせているのだから、ちゃんと飛ばしてほしい。

ひろゆき氏と協力し、どうやったら飛ぶか考え、対策を講ずる。

 

青空に上がるカラフルな凧達。

たまには、外で遊ぶのも良いものだ。

 

部長の凧を拝借する事になった。

真っ直ぐ上がっていく凧。気付けば40m程上空である。

凄いのは部長ではなく、道具ではないか。

疑惑が浮上する。

部長のタコ糸は、リール型をしている。

(詳細は下記画像を参照)

この性能が凄まじい。

部長から「糸が弛んだら巻き、引っ張ったら伸ばす。要は、釣りだ。」と指導を受ける。

本当に釣りをしているようだ。

タコ🐙だけに…失礼。

 

次はサムズ氏の100均凧を拝借する。

サムズ氏曰く、操作が難しい様だ。

飛ばしてみるが何かがおかしい。

凧の裏表が逆になり、地上に激突するのだ。

むしろ燃えてきた。他の凧はあまりに簡単すぎるのだ。

100均をどれだけ使いこなせるのか。

私の中に眠る凧揚げ師の血が騒ぐ。

結論から言えば、私は100均凧を糸の限界まで揚げる事に成功した。

途中、およそ3歳の幼児が私の凧揚げを興味深そうに見ていた。あとで父親が来て邪魔になるからと遠ざけていた。凧揚げを代わっても良かったが、彼にはまだ少し早いだろう。

 

ここで補足をすると、大人6人がそれぞれカラフルな凧を揚げていれば、当然周囲から注目される。途中で慣れるが、初めは羞恥心にさいなまれる。私一人であれば恥ずかしさのあまり、早々に撤退しただろう。

「一人でもやる!」と宣言した部長の意思の強さを再認識する。

 

100均凧を使いこなしたと誰かに話したくてウズウズする。でもドヤ顔を晒したくない。サムズ氏に「100均凧、糸の限界まで飛ばしましたよ。」と報告する際は、表情を変えない様にするのに苦労した。

 

おおの氏がクジラ凧を飛ばしている。何故かクジラの頭と尻尾がくっつき輪の様になっている。凧に引きずられる、おおの氏。道路を渡り、河川敷まで行ってしまった。遠くでクジラと格闘している。

 

凧を揚げていると、心が落ち着いてボーっとする。このまま揚げていると、何かを悟るのではないかと思うほどだ。

だが、我々に無意識化で凧を揚げる技術は無い。

気を抜くと制御を失ってしまうのだ。

 

おおの氏は、恐らく気を抜いてしまったのだろう。

おおの氏が戻り、クジラの糸をサムズ氏とつみれ氏が解いている。

その間私はといえば、100均凧の糸を解いていた。

私も気を抜いてしまったのだ。

 

凧揚げとタコ糸が絡む因果は、現代でも解消されていない。 

 

タコ糸を解き、ふと空を見上げるとタコ型凧が飛んでいた。知らぬうちに、ひろゆき氏の凧揚げスキルも上昇している。

 

気がつけばおよそ2時間たっていた。体感では、30分程である。

やはり凧揚げには、禅に似た何かが潜んでいるのではないだろうか(適当)

 

片付けをして駐車場へ向かう。

つみれ氏は凧の他に銀マットとお菓子も持参していた。思いのほか、皆凧揚げに熱中していたため、使わなかったが心遣いが嬉しい。部長もお菓子を持参した様だ。

 

帰りぎわに、部長が「私のリールさばきを、松方弘樹並みだと書かれないか心配!」と言っていた。その後も何度か松方弘樹と口にしていた。何故か気に入った様子。

ちなみに私は部長のリールさばきを見る余裕が無かった。

 

帰る前にカフェに寄り、皆で談笑した。寄り道は良くないのかもしれないが、大人なので、まぁいいだろう。

 

f:id:ys-tokai83_blog:20190218191038j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190647j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190652j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190703j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190658j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190713j:image
f:id:ys-tokai83_blog:20190218190707j:image